PRODUCT製品情報

液中プラズマ発生用電源

中型〜大型リアクター向けMPS06-C10-200

液中プラズマ発生装置は卓上サイズで簡単に液中プラズマの実験を行うことが可能です。
液中プラズマを発生させ、新しい材料合成や 加工場を作り出せる、新たなプラズマ 応用技術です。ナノ粒子の生成や、カーボンナノチューブへの 水溶性の付与など様々な効果が発揮されています。
液体からの二次電子やプラズマと液体との連成反応により放電が持続します。
また液体中での放電の為、使用する液体の 化学反応性を利用することも可能です。
パルスグロー放電なので、低温で処理が可能です。アーク放電に比べ、電極の損傷が大幅に低減できるため、長時間運転を実現しました。
液中プラズマの発生にはパルス電源を使用し、 液体の導電率と電極間距離を調整する事により、極めて少ないエネルギー(数百W)から液中プラズマを発生させることができます。

MPS06-C10-200

受電三相AC200V(50/60Hz)
容量3000W
出力ch1ch
最大出力電圧 ※1±10kV
最大出力電流 ※1±5A
周波数設定2kHz~200kHz
パルス幅設定0.2μs~1.5μs
保護機能DC過電流検出/出力過電流検出/温度異常検出/ヒューズ断線検出/漏電検出
冷却方式内蔵ファンによる強制空冷
機器構成システムラック(3ユニット内蔵)
重量約180kg
サイズ(mm)570(W)×1280(H)×800(D)
※1 負荷により最大出力電圧、最大出力電流は変動します。 
※2 取手等の突起部を除いた寸法です。 
各種オプション一覧
ページTOPへ
お問い合わせ