お気軽にお問合せ下さい     TEL0774-88-4811   otoiawase@pekuris.co.jp

会社案内 製品情報 お問合せ アクセス 採用情報 ホーム

  PEKURISトップページプラズマ応用製品情報> 液中プラズマ
電源製品  

液中プラズマ発生装置は卓上サイズで簡単に
ソリューションプラズマの実験を行うことが可能です。
液中プラズマを発生させ、新しい材料合成や 加工場を作り
出せる、新たなプラズマ 応用技術です。
ナノ粒子の生成や、カーボンナノチューブへの 水溶性の
付与など様々な効果が発揮されています。
液体からの二次電子やプラズマと液体との連成反応により
放電が持続します。
また液体中での放電の為、使用する液体の 化学反応性を
利用することも可能です。
パルスグロー放電なので、低温で処理が可能です。
アーク放電に比べ、電極の損傷が大幅に低減できるため、
長時間運転を実現しました。

【水の液中プラズマ】

ソリューションプラズマの発生にはパルス電源を
使用し、 液体の導電率と電極間距離を調整する
事により、極めて少ないエネルギー(数百W)からソリューションンプラズマを発生させることができます。
液中プラズマ(ソリューション)をハイスピードカメラで撮影
・ハイスピードカメラで液中プラズマを撮影 20000コマ/秒
・ハイスピードカメラで液中プラズマを撮影 5000コマ/秒
 
  エタノールによる液中プラズマ

プレーヤーのダウンロードはこちら
ソリューションプラズマとは名古屋大学高井教授が提唱されておられる従来のガスなどの雰囲気中ではなく、
液中にてコロナ放電やグロー放電によりプラズマを発生させ、新しい材料合成や加工の場を作り出そうとする、
新たなプラズマ応用技術です。
ソリューションプラズマによって、ナノ金属粒子の生成回収や、液中の殺菌・滅菌など従来では不可能だった
新たな分野の開拓が可能です。
 
ソリューションプラズマの応用例
塩化金酸を純水及びSDS(ゼラチン)溶液で溶解し、ソリューションプラズマ処理を行うことで、
10〜50nm程度の金ナノ粒子の生成が確認されました。
金はナノ粒子化することで、黄色から赤色に変色する事が古くから知られており、色の面からも
ナノ化を確認できます。金ナノ粒子は医薬品やセンサー、触媒などに応用が期待されています。
 
ソリューションプラズマ放電…金のナノ粒子化

プレーヤーのダウンロードはこちら
 
名古屋大学 高井研究室による実験結果
< 試験条件>
・超純水150ml,約20℃
・電源装置
 パルス電源400V(電流のみプラズマ発生せず)
 パルス電源800V(プラズマ発生)
・電解質 KCl,NaCl,Na2SO4,CH3COONa


ソリューションプラズマにより劇的な殺菌効果が
確認されました。
特にNaCl,CH3COONa溶液ではプラズマ発生
により初めて殺菌が確認されました。
液中パルスプラズマ発生装置 標準スペック
型式 MPP-HV04 MPS-R06K01C-WP1 MPS-R06K01C-WP1F
受電電圧  1φ AC100V 1kVA 3φ AC200V 6kVA
出力ch 1ch
出力電圧調整方式 トライアック方式 スライドレギュレータ方式
最大出力電圧 0〜±4kV(max) 0〜±6kV(max)
最大出力電流 0〜5Ap(max) 0〜7Ap(max)
周波数設定 100Hz〜30kHz(max) 1kHz〜60kHz(max)
パルス幅設定 0μs〜4μs 1μs〜10μs 0.5μs〜2μs
バースト運転 連続/バースト*1
表示 出力周波数表示 DC電圧・電流計/出力周波数表示
冷却方式 内臓ファンによる強制空冷
保護機能 過電流保護回路・過温度保護回路・ヒューズ断線検出回路
機器構成 高圧パルス電源*2
パルス電源(電源収納盤)
高圧トランスユニット(電源収納盤)
バーストコントローラ(電源収納盤)
スライドレギュレータ(別置き)
外形寸法 本体 199×450×378 570×800×1200
360×360×515(スライドレギュレータ)
重量 19kg 170kg(本体)
50kg(スライドレギュレータ)
 *2 ガラス製プラズマ小型リアクター (別売)
        液送用チュービングポンプ(別売)
 *1 バーストコントローラ(別売) 接続時
When you click an image of pdf, 
the will be changedto a High Voltage Pulse Plasma Generator catalogue.

パルス電源
直流電源
電源コンポーネント
 
プラズマ応用製品
液中プラズマ
大気圧プラズマ
 
表面処理製品
DLC成膜装置
DLC受託加工
技術情報TOP
 
サイトマップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Copyright(c) KURITA Seisakusho Co.,Ltd. 2011