お気軽にお問合せ下さい     TEL0774-88-4811   otoiawase@pekuris.co.jp

会社案内 製品情報 お問合せ アクセス 採用情報 ホーム

  PEKURISトップページ会社案内> 会社概要・沿革
会社案内  
会社名   株式会社栗田製作所
所在地   本社・京都事業部
  〒610-0221
  京都府綴喜郡宇治田原町湯屋谷西塔ヶ谷1-33
  TEL:0774-88-4811/FAX:0774-88-3708


  前橋事業部
  〒371-0852
  群馬県前橋市総社町総社2112
  TEL:027-251-3901/FAX:027-253-6784

創業   1949年(昭和24年)
法人設立   1960年(昭和35年)
資本金   2,000万円
 売上高   104,000万円(2008年度)
従業員数   63名
役員・顧問   代表取締役会長   石井  庄司
  代表取締役社長   栗田  好雄
  常務取締役   猪飼  光章
  取締役   佐藤  芳行
  常任監査役   松尾  昇
  特別顧問   西村  芳実(工学博士)
取引銀行   商工中金(京都支店)
  京都信用金庫(宇治支店)
  三井住友銀行(京都支店)
  京都銀行(宇治田原支店)
  群馬銀行(総社支店)
営業品目   大気圧プラズマ発生用電源設計・製造
  高電圧パルス電源装置設計・製造
  各種制御盤設計・製造
  プラズマイオン注入・成膜装置
  DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングサービス、研究開発
主な納入先   『公的研究機関』(順不同)
  東京大学,大阪大学,名古屋大学,東北大学,九州大学,広島大学
  岩手大学,茨城大学,岡山大学,山口大学,岐阜大学,長崎大学,神戸大学
  兵庫県立大学,豊橋技術科学大学,大阪市立大学,滋賀県立大学
  関西大学,日本工業大学,同志社大学,豊田工業大学,金沢工業大学
  広島工業大学,他多数
  産業技術総合研究所,東京都立産業技術研究所,理化学研究所
  奈良県工業技術センター,和歌山県工業技術センター,高知県産業振興機構
  愛知県産業技術研究所,他多数


  『民間企業』(順不同)
  日新電機株式会社,日新パルス電子株式会社,日本リライアンス株式会社
  三菱電機株式会社,株式会社IHI,パナソニック株式会社,株式会社神戸製鋼所
  他多数
備考  会社略称の”PEKURIS”はPower Electronics KURIta Seisakushoの頭文字です。
 ロゴマークは片仮名の”ク”をモチーフにしています。
 
1949年3月  日新電機株式会社の協力工場として京都市内で創業
1960年3月  宝電機と合併し、株式会社栗田製作所設立
1962年3月  資本金を1000万円に増資
1963年3月  群馬県前橋市に前橋工場(現前橋事業部)新設
1972年10月  日本リライアンス株式会社と代理店契約を結びモータ可変速制御盤の販売を開始
1979年5月  生産増強の為、京都工場(現京都事業部)・前橋両工場を拡張増築
1990年4月  本社・京都工場を業務拡張の為、京都府綴喜郡宇治田原町宇治田原工業団地へ移転
1990年9月  前橋工場を拡張
1990年12月  資本金を2000万円に増資
1993年5月  京都工場第二組立工場増築
1996年4月  科学技術振興事業団補助金により「三次元イオン注入用パルス電源の開発」に成功
1996年  三菱電機株式会社・三菱重工業株式会社と取引開始
1998年  京都産業技術振興事業団補助金により
 「三次元イオン注入装置用パルス金属イオン源電源」の開発
2001年9月  本社・京都工場でISO9001認証取得
2002年  経産省新規産業創造技術開発補助金により「高密着厚膜DLCコーティング技術の開発」
 を行い、「RF・高電圧パルス重畳法プラズマイオン注入・成膜技術」を確立
2002年  商品名「プラズマイオン注入・成膜装置」として販売開始
2003年1月  前橋工場に「プラズマイオン注入・成膜装置」を二台設備
2003年4月  DLC成膜サービスを開始
2004年2月  京都府中小企業優秀技術賞を受賞 (高密着厚膜DLCコーティング技術)
2004年2月  バイポーラ方式プラズマイオン注入・成膜法 特許取得‐特許第3517749号
2004年4月  RF・高電圧パルス重畳方式プラズマイオン注入・成膜法 特許取得‐特許第3555928号
2007年6月  ものづくり日本大賞優秀賞を受賞
2008年7月  プラズマイオン注入・成膜装置中型機の販売開始
2009年7月  新たな研究開発拠点として名古屋イノベーションサテライトをJST名古屋内に開設
2010年2月  大型プラズマイオン注入・成膜装置を京都本社に導入
2010年6月  卓上で実験が可能な液中パルスプラズマ発生装置を発売開始
2010年11月  京都府中小企業優良企業表彰を受彰
会社代表挨拶
会社概要・沿革
アクセス案内
品質方針
品質方針
サイトポリシー
 
電源製品
パルス電源
直流電源
電源コンポーネント
 
プラズマ応用製品
液中プラズマ
大気圧プラズマ
 
表面処理製品
DLC成膜装置
DLC受託加工
技術情報TOP
 
サイトマップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Copyright(c) KURITA Seisakusho Co.,Ltd. 2011